つみき

安心の不動産売却をするための準備|家をスッキリ手放そう

媒介契約の種類を知る

男の人

媒介契約の種類については、主に専属専任媒介契約や専任媒介契約、一般媒介契約に分けられます。それらの違いを知ることにより、理想としている売却の流れを作っておくことができるでしょう。なお、限られた期間内に契約を完了させておきたいという場合は、専属専任媒介契約が適しています。契約の有効期限は3ヶ月であり、それまでに買い手を見つけておきたいという場合に適しているでしょう。また、専属と似たような契約で専任媒介契約が挙げられます。専任媒介契約の方が、より高い価格で買い取ってもらえる確率が高くなるので、多くの注目が寄せられています。名東区の不動産会社では、要望に応じた契約ができるようにサポートをしてくれるため、事前にしっかり相談をしておくことが大切です。

名東区にある不動産会社では、一般媒介契約を取り入れているところも多くあります。なお、最も納得のいく価格での取り引きが期待できるといわれています。それに対して時間が掛かってしまうというデメリットを持っていますが、時間に余裕があるという人にぴったりであるといえるでしょう。名東区の不動産会社によって売却の実績は異なります。営業力も求められるので、その点も踏まえて決めておくことが大切です。また、名東区の不動産会社では契約についてセミナーも開催しているので、そこで情報を集めたり、相談をしたりすることができるでしょう。それにより、売却への不安をスムーズに解消しておくことができます。